日記入力・2009年9月15日

Aoiです。

 

8月が終わり、

9月も半ばを迎えました。

 

朝夕は少しずつ

肌寒くなり、

鼻をかすめる

風の匂いも秋の到来を

感じさせています。

 

僕の感覚の中では

1年の折り返しが、

6月ではなく、

夏の終わりと共に訪れます。

 

緑色だった葉の色が、

徐々に紅く染まり、

 

華やかに秋を迎えると

その景色を眺めながら、

 

色々な事を

思い返したり、

先の未来を

思い描いたりします。

 

こうして文章にすると、少し大げさな感じもしますが、

身近な

体験ではないでしょうか。

 

なんとなく、

季節の変わり目というのは何かが去ってしまう気がして、

悲しくなったりもするんですが、

 

夏がいくその時は、

どの季節よりも

それを強く感じます。

 

夏の始まりを7月として

考えた時に、

今年僕の夏は、

フランスから始まりました。

 

去年に続き

2度目のJAPAN EXPO。

日本に戻り、

BOUNTYでのライヴを

渋谷、高崎でやった後に、

 

初めての

ソロワンマンライヴの

リハが始まりました。

 

そして、

7月31日、

ドイツ、ボンで

ソロワンマンライヴを行い、

翌日8月1日、

フランス、パリで

同じくワンマンライヴをして、

 

帰国後、

次はBOUNTYの

ワンマンツアーAttackの

リハ、

そしてその

ワンマンツアーも無事に

終えました。

 

この2ヶ月の間に、

他にも色々な事がありましたが、

 

それはまたいずれ

お話しましょう。

 

ただ、

こんなにも素晴らしい

たくさんの経験が出来た事、

とても幸せに思います。

 

この夏を共に過ごした、

全ての皆さんに

感謝の気持ちを伝えたいと心から思います。

 

本当にどうもありがとう

ございました。

 

さて

明日9月16日は、

僕の4枚目のシングル

VIRGINのリリース日になります。

 

純粋な愛の姿を

大切に描いていきました。

 

数々の思惑が

身を引き裂いていこうとも自らが選んだ道を

決して否定せず、

最後まで

真実の愛を貫き通していく、

力強く真っ直ぐな

主人公がこの物語に息吹を与えていきます。

 

不器用ながらも

全力で今を

生きる主人公の姿が、

僕の創造の中を

駆け巡っていました。

 

引き寄せられるように、

物語を綴ろうとしたのですが、

今までのソロ作品の主人公達のようには、

なかなか動いてくれませんでした。

 

今までの主人公達は皆、

役者のように、

物語を彩っていきましたが、

今回は自我を持って

僕を色々な舞台へ

連れ回していきます。

 

でもそんな主人公じゃなければ、

VIRGINというこの曲は

ここまで輝きを

まとう事もなかったでしょう。

 

愛すべき

主人公になったのは

言うまでもありません。

 

この先

VIRGINを歌っていく中で

この主人公の姿を

見守っていきたいと思います。

 

今週18日のライヴでは、

VIRGINを披露するつもりなので、

ぜひ皆さんに足を運んで頂ければと思います。

 

そして、

MAXIMのメールマガジンで発表があったと思いますが、

いよいよ日本での

初めての

ソロワンマンライヴを

今年12月12日

僕のソロデビュー記念日に出来る事になりました。

 

今から本当に

楽しみです。

 

詳細は随時この

ホームページや

MAXIMのメールマガジンでお知らせしていきます。

 

長くなりましたが、

最後までお付き合い

ありがとうございました。

 

明日リリースされる

VIRGINという新たな

世界の扉を開き、

共に楽しみましょう。

 

それでは。

 

                                           2009.9.15 by Aoi

About the author:

日本語、フランス語、英語の翻訳家 日本語能力試験N2 フランスで生まれた

Leave a Reply

Your email address will not be published.