日記入力・2009年11月17日

Aoiです。

 

皆さんお元気ですか?

 

ここのところ

とても寒くなってきていますが、

体調など崩されていないでしょうか。

風邪やインフルエンザなど、

お互いに気をつけましょう。

 

さて、

今回のダイアリーは、

先月25日V ROCK FESTIVALを終えて、

 

Chibi JAPAN EXPOに

出演の為、

今年3度目のフランスへ訪れたところから、

お話をしましょう。

 

MAXIM会報をご覧になっている方や、

 

このダイアリーをいつも

ご覧になってくれている方は、

 

ご存知だと思いますが、

去年も同じ時期に

Chibi JAPAO EXPOに出演しました。

 

去年の7月に

初めて渡仏したので

当たり前のことですが、

 

10月末のフランスというのは、

その時が初めての経験でした。

 

その時のフランスは

とても寒く、外にいるだけで

頭が痛くなるくらいでした。

 

季節でいうと秋なんだと思うのですが、

 

10月末のフランスというのは、

こんなにも寒さが厳しいんだな、

 

と、

そう認識したのです。

 

何事も初めてが

基準になりますから、今回は寒さに対応した

衣類などを持っていきました。

 

これがまた

荷物になってしまうのですが…。

 

詳しいフランス滞在時の

出来事は長くなってしまうので、

次のMAXIMの会報でお話しようと思いますが、

今年のChibi JAPAN EXPOも、

ファンの皆さん、関係者の方々と、

皆さん暖かく僕を迎えてくださいました。

 

本当に嬉しく思います。

ありがとうございました。

 

すでに来年の4月に、

フランスでのライヴが決まっています。

 

このダイアリーでお話するのは、

初めてなんですが、

来年の4月にフランスとドイツで

ライヴを行うことが決定しています。

 

現時点での発表は、

その2ヵ国なんですが、

他のヨーロッパ諸国にも

今回は訪れてみようと、

考えています。

 

詳しいことが決定したら、

またこのダイアリーや

会報などでお伝えしますね。

 

ドイツでは、

デュッセルドルフの

総領事の方と、

また食事を共にできればと思っています。

 

来年4月が、

今からとても楽しみです。

 

そして話は変わりますが、いよいよ明日リリースされる、

僕の2ndアルバム

Requiemについて

少しお話をさせてください。

 

今回は生と死を

テーマにアルバムを

作りあげました。

 

これは、

この世に生を授かった瞬間に、

誰もが手にする、

永遠のテーマだと思います。

 

難しいようで、

実際はとても身近な

そんなテーマを、

Aoiという世界観の中で

音楽と溶け合わせました。

 

前作Veilの先に広がった

新たな世界を、

ぜひ楽しんでください。

 

このRequiemの

インタビューが色々な雑誌に載るので、

アルバムを聴きながら

一緒に楽しんでくださいね。

 

リリースの際は

ラジオや雑誌など、

様々な場所で、

作品を紹介したり、

インタビューを受けたりするのですが、

 

今週22日、

高見沢俊彦さんのラジオ番組、

「ロックばん」

に出演します。

 

高見沢俊彦さんといえば、先月25日、

僕と同じ出演日に

V ROCK FESTIVALに出演されていました。

 

高見沢さんのライヴはその時に観させて頂いていたのですが、

そのステージと変わらず、

とても素敵な方でした。

 

色々なお話をさせて頂いたので、

ぜひ番組をお聴きになってください。

 

高見沢さんとは、

また何かの形で

お逢いできればと願っています。

 

皆さんも、

その時をお楽しみに。

 

話が長くなりましたが、 ひとまずは、

明日リリースされる

Requiemを聴きながら、

 

Aoi第2章の物語を

紐解いてみてください。

 

それと、

今週はBOUNTYでの

ライヴもありますね。

 

素敵な夜を皆さんと

過ごせることを

楽しみにしています。

 

ぜひ遊びにきてください。

 

長くなりましたが、

最後までありがとう。

 

それでは。

 

2009.11.17 by Aoi

About the author:

日本語、フランス語、英語の翻訳家 日本語能力試験N2 フランスで生まれた

Leave a Reply

Your email address will not be published.